テクノストレス症候群

ストレス・シンドローム

テクノストレス症候群

トップ > 自律神経失調症の原因 > ストレスシンドローム > テクノストレス症候群

テクノストレス症候群とは

テクノストレス症候群はVDT症候群とも呼ばれます。

VDTとは、パソコンやテレビゲームなど、ディスプレイ(画面)とキーボードからなる端末のこと。これらの端末を使って長時間作業をすることで、目だけでなく体や心に症状があらわれる状態をテクノストレス症候群といいます。

テクノストレス症候群の原因

画面を集中して見ているので、まばたきの回数が減ったり、長時間同じ姿勢を続けながら、手首や指先だけが頻繁に動くというかたよった状態が、テクノストレス症候群の原因となります。

現代社会において増えているテクノストレス症候群は、特にオフィスで多くみられます。

テクノストレス症候群の症状

体の症状

目の乾き、目の疲れ、目がかすむ、ぼやける、充血、視力の低下、肩のコリ、首のコリ、肩や腕の疲れ、背中のコリ、手の指のしびれ、疲労感、だるさ、頭痛、食欲不振。

心の症状

イライラ、無気力、不安感、不眠、抑うつ状態。

スポンサーリンク

テクノストレス症候群になりやすい人

このようなタイプの人が、テクノストレス症候群になりやすい傾向があります。

  • パソコンでの仕事を長時間している
  • 長時間ゲームをしている
  • 長時間テレビをみている
  • パソコン仕事の合い間は、ほとんど休憩をとらない(1時間以上)
  • 気がつくと、集中して何時間もパソコン仕事をし続けていることが多い

テクノストレス症候群の対策

本人ができる対策

1時間作業したら10分程度休んだり、適度に体を動かす、といったことは、テクノストレス症候群の対策にとても大切です。

またパソコンの画面の設置場所は、直射日光が当たらず、照明が反射せず、十分に明るい場所にしてください。画面と目の距離も、40cmから50cm程度になるように気をつけてください。

まわりの人ができる対策

オフィスでは、クーラーなど空調の風が直接あたるところは、ドライアイの傾向も強くなりがちです。デスクの場所を変えるよう調整してください。

スポンサーリンク

▼関連記事