帰宅拒否症

ストレス・シンドローム

帰宅拒否症

トップ > 自律神経失調症の原因 > ストレスシンドローム > 帰宅拒否症

帰宅拒否症とは

帰宅拒否症とは、「会社人間」が仕事第一で家庭を犠牲にしてきた反発から、家族が、夫や夫の仕事に関心も理解も持たなくなって、精神的に追いつめられてうつ状態におちいることをいいます。

40代から50代の働きざかりの男性に多い帰宅拒否症は「軽症うつ病」の一種です。

帰宅拒否症の症状

体の症状

不眠や食欲不振など。ただし症状は比較的軽いものです。

心の症状

家に帰りたくない、蒸発してしまいたい、意欲の低下、うつ気分、など。実際に家に帰れず、ホテルに寝泊りするケースもあります。

帰宅拒否症になりやすい人

このようなタイプの人が、帰宅拒否症になりやすい傾向があります。

  • 真面目である
  • 仕事一筋でがんばってきた
  • 出世や給料の面で、思うような成果が上げられない
  • 妻が出世や給料の不満を口うるさく言う
  • 家の財政を妻が握っている
  • 家に居場所がない
  • 家庭が安らぎの場ではない
  • 家族とは会話がなく孤独である
  • 趣味を持っていない
  • 受験生の子供がいる

帰宅拒否症の対策

帰宅拒否症の対策は、患者本人の意識改革だけではありません。家族全員で相談して、家庭のあり方を見直すことが大切です。

帰宅拒否症の対策として、基本的には抗うつ薬を飲むことが多いです。

いったん家庭から離れた方がいい場合には、ナイトホスピタルを利用して、会社が終わったらナイトホスピタルに帰り、そこからまた出社する、といった対策を利用することもあります。

スポンサーリンク

▼関連記事