出社拒否症

ストレス・シンドローム

出社拒否症

トップ > 自律神経失調症の原因 > ストレスシンドローム > 出社拒否症

出社拒否症とは

出社拒否症とは、朝出社しようとすると激しい吐き気や動悸を感じたり、会社が近づくとまた息苦しさや頭痛が出て出社できなくなる状態のこと。

出社拒否症は、頑張り屋でまじめな人が大きな仕事や責任がかかった時などに、症状が急に現れる傾向があります。能力に自信があるのに結果が出なかったり、まわりについていけないと感じた時に出社拒否症になることが多いようです。

では、出社拒否症の症状、なりやすい人の傾向、対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

出社拒否症の症状

体の症状

動悸、息苦しさ、倦怠感、頭痛、腹痛、吐き気、下痢など。出社しようとする時や通勤の途中に、症状があらわれることが多いです。

心の症状

ゆううつ感、無価値感、無気力、やる気が出ない、など。

出社拒否症になりやすい人

このようなタイプの人が、出社拒否症になりやすい傾向があります。

  • がんばり屋、まじめ
  • 几帳面、完璧主義
  • 仕事が生きがいである
  • 自分の能力に自信を持っている
  • 自分の能力を超える仕事でも、一人でがんばってしまいがち
  • 会社での自分の評価がとても気になる
  • ささいな指摘を受けても、すぐに自分の評価ダウンに結びつけて考えがち

スポンサーリンク

出社拒否症の対策

本人ができる対策

出社拒否症が長く続くようなら、心療内科など専門家にかかるのがよいでしょう。

自分に価値がない、能力がないなどと間違った思い込みは捨ててください。自分の能力がないのではなく、あなたの目標や基準が高すぎるだけです。自分を責めるのはやめて、がんばっている自分を認めてあげてください。

あせって仕事をする必要はありませんし、会社もそれを望んでいないでしょう。

自分のできていることを見つめなおし、自分自身を認めて褒めてあげてください。休日は仕事のことを忘れて、趣味など好きなことを大いにしてくださいね。

まわりの人ができる対策

出社拒否症である本人のつらさは、他人には気づきにくいもの。だからこそ本人は「サボっていると思われたらどうしよう」と不安なのです。

まわりの方がそのつらさをくみとって、温かい気持ちでサポートしてください。

  • はげましたり、責めたり、無理に会社に行かせようとしない。
  • 本人の話をじっくり聞いて、悩みや不安を理解・共有する。
  • ゆっくりと休ませてあげる。リラックスできる環境をつくる。
  • 不安を取り除く協力をする(一緒に会社へ向かうなど)

スポンサーリンク

▼関連記事