空の巣症候群

ストレス・シンドローム

空の巣症候群

トップ > 自律神経失調症の原因 > ストレスシンドローム > 空の巣症候群

空の巣症候群とは

空の巣症候群とは、40代後半から50代の女性に多く見られるうつ状態のこと。

きっかけは、生きがいだった子供が進学や就職をして一人暮らしをしたり、結婚をして独立していったことなど。

母親としての役割をなくした孤独感や、生きがいを失った虚無感を感じて、新たな生きがいを見つけられず、うつ状態になるものを空の巣症候群といいます。

40代後半から50代の女性は更年期でもあります。

また、夫が多忙な仕事や単身赴任で家にいなかったり、それまでの子育てや学校関係の人間関係にストレスがたまっていたり。

空の巣症候群にかかりやすい時期でもあるのです。

空の巣症候群の症状

体の症状

肩こり、頭痛、不眠、食欲不振、吐き気、胸苦しさ。

心の症状

不安感、うつ傾向、自分に自信がない、いつもむなしく感じる。日常的なむなしさからお酒に頼ってしまい「キッチンドランカー」になるケースもあります。

空の巣症候群になりやすい人

次のようなタイプの人が、空の巣症候群になりやすい傾向があります。

  • 子育てが生きがいである、良妻賢母型の専業主婦
  • 人との付き合いがあまり得意ではない
  • 近所づきあいなどが少ない
  • 一日中家にいて家事をやっていることが多い
  • 外に出るよりも家にいる方が好き
  • 趣味がない、少ない

スポンサーリンク

空の巣症候群の対策

本人ができる対策

まずは、ご本人ができる対策について。

生きがいを見つけること。趣味を見つけたり、昔好きだったことを思い出して始めてみたり、少しでも興味のあることに目を向けてみてください。

ご主人ができる対策

次に、ご主人ができる対策について。

奥さんに対して、奥さんの存在の大切さ、重要感を伝えてあげること。

空の巣症候群では「もう私は必要ない」とむなしさ(虚無感)を感じています。必要とされていることを伝えるのは、空の巣症候群のとても大きな対策です。

  • 奥さんの料理をほめる
  • 一緒に出かける
  • 一緒にいて楽しいと伝える
  • 奥さんへの感謝や大切さ、私には必要だ、と伝える

奥さんの存在の重要さを伝えることは、空の巣症候群の大切な対策の1つです。

お友達ができる対策

最後に、お友達ができる対策について。

お茶に誘う、趣味やイベントに誘うなど、今までとは違うものに目を向けるきっかけを与えることは、空の巣症候群の改善に大きく役立ちます。何か相談ごとをしたり頼ったりするのもよいでしょう。

得意なことを知っているのなら、そのことで手伝ってもらうのもいいですね。

「人の役に立っている」、「自分が必要とされている」、「頼りにされている」と実感できることは、空の巣症候群の改善に大きく前進するでしょう。

それでも空の巣症候群が改善に向かわないようでしたら、心療内科の先生にカウンセリングを受けるのもよいと思います。じっくりと話して自分を見つめなおすのも空の巣症候群の改善に効果的です。

スポンサーリンク

▼関連記事