ストレス 強い 弱い

自律神経失調症の原因

ストレスに強い人弱い人

トップ > 自律神経失調症の原因 > ストレスに強い弱い

ストレスに強い人、弱い人

ストレスに強い人か弱い人かの違いは、成長の過程で形成された性格が大きな原因となっている、といわれています。

ストレスに弱い人と強い人のそれぞれの性格について、一般的な傾向を紹介します。

スポンサーリンク

ストレスに弱い人の傾向

  • 几帳面である。完璧主義である。責任感がとても強い。
  • まわりに合わせようと、自分を我慢にしたり、つい無理をしてしまう。
  • 神経が細やかである。感受性が高い。
  • 些細なことが気になる。一つのことにとらわれがちである。
  • 親や他人に依存しがちである。頼ってしまうことが多い。

1 や 3 のような性格の人は、ストレスに弱いというよりは「ストレスを感じやすい」といったほうがいいかもしれません。

また 5 のような、依存心の強い人は、相手から愛情が感じられなくなったり、受け入れてもらえなくなると、大きなストレスを感じます。

依存の対象は、親、妻、夫だけでなく、会社の上司、同僚、ママ友であったり。さらに言えば、「人」以外に依存するケースも珍しくありません。

たとえば・・・

「仕事」自体に依存をしてしまうケース。休日(特に長期休暇)に何をしたらいいかわからなく落ち着かない、定年退職したとたんに自分の存在意義を失ってしまった、ということから自律神経失調症になるケースもあります。

「肩書き」や「地位」に依存しているケース。その地位を失ったとたんに相手の対応が変わったり、自分が大切にされていない感覚におちいったり。これが大きなストレスの原因になることもあります。

ストレスに強い人の傾向

次は、ストレスに強い人の傾向です。

  • 不愉快なことがあっても、すぐに気持ちを切り替えられる。
  • 人からどう見られているか、どう評価されているか、が気にならない。
  • 感情をのびのびと表に出せる。

以上、性格の面から「ストレスに強い人・弱い人」の傾向を紹介しました。

さて、ストレスは性格によっても違いますが、年齢層によってもストレスの原因が変わります。

幼い子供にとっては、親の愛情の大きさがストレスになるでしょうし、社会人にとっては、仕事のノルマや人間関係などがストレスになります。年齢によって社会環境も変化するので、ストレスの原因も変化していくのです。

※参考 : 年齢によるストレスの変化

スポンサーリンク

▼関連記事