体のゆがみとウォーキング

コラム

ゆがみをとるウォーキング

トップ > コラム > 体のゆがみを解消するウォーキング

体のゆがみを解消するウォーキング

体のゆがみは気になりませんか?

ゆがみは体にとって負担(ストレス)となります。生理痛のある方は、少なからず体のゆがみがあるでしょう。

体のゆがみをつくる生活習慣

私たちは、普段の生活で左右かたよった動きをしています。

  • カバンを持つのは、いつも左手
  • 立っている時は、どちらかの足に重心を置いている
  • つい右足を上にして、足を組んでしまう

かたよった動作はゆがみの原因。そのゆがみが体の不調につながっています。そこで、ふだんの生活の中でゆがみを解消する方法として・・・

スポンサーリンク

体のゆがみを解消する 30分のウォーキング

でも、こんな動きで自然に正常に戻ります。

  • 眠っているときの寝返り
  • てぶらで、30分以上ウォーキング

でも、ここで問題があります。

「深い眠り、質の高い眠りを十分とれていますか?」

「毎日30分、正しい歩き方で、ウォーキングできていますか?」

なかなか難しいですよね。正しいウォーキングをしないと、健康のためによかれと思っていても負担になるだけで逆効果です。

ウォーキングの姿勢

正しいウォーキングは、まず手ぶらであること。左右かたよった状態でないこと。

熱中症などの予防のために、飲み物を携帯してウォーキングをすることもあるでしょう。その場合も手に持つのではなく、左右にかたよらずに体の中心になる位置にウエストポーチなどで携帯しましょう。

ウォーキングでの歩き方

足の運び方が一番のポイント。これができていない人がほとんどのように思います。

正しく歩くために一番大切なのは、足の親指で地面を蹴ること。でも、ほとんどの方が足の薬指や小指で地面を蹴っています。

正しいウォーキングでの重心移動

この重心移動でウォーキングをしないと、かえって体のゆがみを助長することにもなりかねません。正しいウォーキングで体のゆがみを解消して、健康的な毎日をお過ごしください。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事