コラム

トップ > コラム >

雨の日に出やすい症状と対策とは?

雨の日や雨が降る前日、低気圧のときなどに体調が悪くなったりすることはありませんか?

自律神経失調症の人にとっても、天気や気圧の変化の影響を受けやすい傾向があります。そこで、なぜ雨などの影響を受けるのか、どんな対策があるのか、についてご紹介します。

なぜ雨の日に体調が悪くなるの?

雨の日など天候がすぐれない時というのは、自律神経に対してダイレクトに影響を与えます。

人間の体は、ずっと同じ体温を保っていることはありません。気温や湿度、天気によって体の調節をおこなっています。その調整をになう部分、それが自律神経なのです。

自律神経失調症の人は、ただでさえ交感神経と副交感神経のバランスが乱れている状態なので、雨や低気圧といった天気の影響を受けやすいのです。

低気圧の時というのは、もともと副交感神経が優位になるもの。ですが、自律神経失調症の場合は交感神経が極度にはたらいてしまっていることも多く、それを覆すために副交感神経も過剰にはたらいてしまうんです。

そうなるとどういう状態になるかというと、

  • 血圧がかなり下がる
  • 脈がゆっくりになりすぎる
  • 非常に強い眠気が襲ってくる
  • やる気が出ず、ぼーっとしてしまう

というような状態になってしまいます。

副交感神経は、眠りの質を高めて体を回復するためにはたらいてくれるとても重要な自律神経。とはいえ、はたらき過ぎは体に悪影響を及ぼしてしまうのです。なにごともバランスが一番大切ということですね。

スポンサーリンク

対策は?

大きな体調の崩れを起こす前というのは、前触れとして小さな体調の変化を感じることがあります。ちょっとした体調の変化を感じたときは、体が発しているサインにしたがって睡眠時間を多くしたり、水分を摂ったりすることが大切です。

また、体が冷えると『体を温めなくちゃ!』と自律神経が懸命にはたらき過ぎてしまうことも。冷たい飲み物はひかえめにして、体を温める飲み物やぬるめの白湯などを飲むようにしてみましょう。

雨の日や雨が降る前日だけでなく、毎日の生活習慣がなによりも大切。具体的には、

  • 早めに就寝し、朝早く起きる
  • aloha
  • より深く眠れるように、寝る3時間前までに食事を済ませておく(水などはOK)
  • 交感神経が刺激されないように、カフェイン、甘いもの、冷たいものは控える

という工夫をするだけでも、雨の日の体調の悪さを軽減しやすくなります。

ここでは、一般的に言われている自律神経失調症と雨の関係について、ご紹介しました。

しかし、ここでご紹介したとおりの症状が出ているからといって、自律神経失調症であると断定することはできません。自律神経失調症でなくても、雨や気圧の変化で体調が悪くなってしまうことはあります。

雨や気圧が自律神経に影響することは事実。天気によって体調の変化を感じるようなら「ストレスが多いのかな」、「体が疲れているのかな」と普段の生活を見直して、心と体をいたわってあげてはいかがでしょうか。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事