エアコン

コラム

エアコンと自律神経の乱れ

トップ > コラム > エアコン

エアコンの使いすぎは自律神経の乱れの原因に

エアコンが自律神経に与える影響は意外と大きいもの。特に、子供を持つ家庭ではエアコンの使いすぎには注意が必要です。

エアコンのおかげで、自律神経のはたらきが低下する

自律神経は体を守って健康を保つはたらきをしています。体温調節も自律神経の大切なはたらきの1つ。

しかし夏も冬もエアコンばかり使ってしまうと、自分の体のチカラで体温調節をしなくても、エアコンが勝手に快適な温度にしてくれますよね?この結果、自律神経のはたらきが低下してしまうのです。

大人ももちろんですが、特に子供には要注意。自律神経のはたらきが発達しない子供が増えたせいか・・・

  • 運動して暑くなっても、汗をかけずに顔が真っ赤になるだけ
  • 熱中症になりやすい
  • たちくらみが起こりやすい

といった子供が増えています。

スポンサーリンク

乗り物酔いをする子供は、自律神経が乱れている

乗り物酔いをする子供は、自律神経が乱れている傾向があります。大人でも「子供の頃に乗り物酔いしやすかった人」は同じ傾向があります。

筋肉もきたえなければどんどん衰えていくように、自律神経もきたえなければどんどん衰えていきます。

自律神経が弱いと、夏の暑さにも弱く、冬の寒さにも弱くなります。

手先が冷える、湯冷めしやすい、寝つきが悪い、というのも自律神経の乱れ。季節の変わり目に風邪をひきやすいのも、自律神経が弱い人に多いように感じます。

エアコンを無理のない程度でなるべく使わないようにして、暑くなっても汗をかいて体温調節ができる体、寒くなっても筋肉から熱を作り出して全身を温められる体、でいられるように自律神経をきたえていきましょう!

そのためには・・・

夏はうちわや扇風機、冬はミニストーブやこたつがおすすめ

夏は「うちわ・扇風機・行水(ぎょうずい)」といった方法で涼をとり、冬は「火鉢・ミニストーブ・こたつ」で暖をとりましょう。

エアコンとこれらの冷暖房の方法との大きな違いは「部屋全体を冷やす(暖める)」か「暑い(寒い)体の部分を冷やす(暖める)」かの違いです。

また、冷暖房の工夫で自律神経をきたえるとともに、食べ物、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・いつお風呂に入るのがいいか)、効果的な運動、眠りを深くする方法など、普段の生活でも自律神経のバランスを整える工夫ができます。

そこで毎日の生活の中で自律神経を整える方法を紹介します。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事